いつもと変わらない毎日!でも時々何か新しい発見が!そんなグアム島の魅力を・・・現地特派員デデド太郎です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアム島滞在中の邦人の皆様へ- 狂犬病編 -

【在ハガッニャ日本国総領事館からのお知らせ】

在留邦人の皆様へ

領事インフォメーション(在ハガッニャ日本国総領事館)

 

感染症広域情報

 

狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ

 

1.狂犬病の発生状況

(1)狂犬病は日本,英国,オーストラリア, ニュージーランドなどの一部の国を除いて全世界に分布しており,ほとんどの国で感染する可能性があります。

(2)毎年,数万人が狂犬病により死亡しており、そのほとんどがアジアとアフリカで発生していますが、北米、欧州の一部地域でも感染のおそれがあります。また、狂犬病が疑われる動物に咬まれた人の40%は15歳未満の子どもです。

(3)世界各国における狂犬病の発生状況としては、狂犬病による死亡例が最も多いのはインドで約20,000人(2008年)であり、また、パキスタンでは2,490人(2006年)、中国では2,466人(2008年)の感染死亡例が発生しています。また、2013年には台湾において、野生のイタチアナグマの狂犬病の感染が確認されています。

 その他、狂犬病の発生状況については、厚生労働省のホームページもご参照ください。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/

 (4) 日本では狂犬病が撲滅されているため、その危険性を忘れがちですが、2006年11月に、フィリピンで犬に咬まれた日本人が帰国後に発症、死亡する事例が2例報告されました。世界各国では現在も感染者が存在する病気なので、海外に渡航、滞在される方は以下の点にご留意ください。

 

2.狂犬病について

(1)感染源

通常、人は、感染した動物に咬まれたり、引っ掻かれたりすることで感染します。イヌは、狂犬病の主たる宿主であり、媒介動物です。 イヌは、アジアとアフリカでは人の狂犬病の主な死亡原因となっています。

 一方で、アメリカ大陸では、コウモリがほとんどの狂犬病死亡の感染源です。 また、コウモリの狂犬病は、最近、オーストラリア、西ヨーロッパでも公衆衛生上の脅威となっています。非常に稀ですが、キツネ、アライグマ、スカンク、ジャッカル、マングースや他の野生の肉食動物種から人に狂犬病が感染し、死に至ることがあります。

 感染伝播は、感染性物質(通常は唾液)が人の粘膜や新鮮な傷に直接接触することで起こることもあります。 稀に、狂犬病はウイルスを含むエアゾールの吸入や、感染した臓器の移植を通しても感染します。狂犬病に感染している動物の生肉または他の組織の摂取は、人への感染源にはなりません。

(2)症状

狂犬病の潜伏期間は、一般的には1か月から3か月ですが、1週間未満から1年以上と幅があります。狂犬病の初発症状には、発熱、頻繁な創傷部位の痛み、説明のつかない異常なヒリヒリやチクチクする痛み、灼熱感(錯感覚)があります。ウイルスが中枢神経系に広がるにつれ、脳と脊髄に、進行性で致命的な炎症を起こします。

 この疾患には2つの病型があります。狂躁型の狂犬病では、活動性の亢進、易興奮性、恐水症状、また時に恐風症状が、現れます。数日後には、心肺停止によって死亡します。

 麻痺型の狂犬病は、人の狂犬病全体の約30%を占めます。狂躁型ほどの激烈さはなく、通常、長い経過をたどります。筋肉は、咬傷または擦過傷部位から、徐々に麻痺を生じます。昏睡が徐々に進行し、最後には死に至ります。麻痺型の狂犬病は、しばしば誤診され、疾患の過少報告につながっています。

(3)予防方法

(ア)動物にむやみに手を出さない。

   日本人は犬や猫を見ると無防備に手を出したり、撫でたり、手から直接餌を与えたりしますが、むやみに犬や猫、その他の動物に手を出さないようにしてください。他人のペットであっても要注意です。

(イ)具合の悪そうな動物には近づかない。

   狂犬病の犬は、多量のよだれを垂らし、物に咬みつく、無意味にうろうろするなど独特の行動をします。

(ウ)予防接種(暴露前接種)

   狂犬病ワクチンは国内の医療機関で接種することが可能ですが、現在、狂犬病ワクチンの在庫が減少している状況に鑑み、狂犬病の流行地域からの帰国者で犬等に咬まれた方、狂犬病の流行地域への渡航予定者で犬等に接触する可能性が高い方に優先的に接種されています。渡航、滞在先で動物を対象に活動する場合や付近に医療機関がない地域に滞在する場合には、最寄りの検疫所にご相談ください。

   http://www.forth.go.jp/useful/vaccination05.html

   狂犬病ワクチンを接種する場合は、初回接種後、30日目、6~12か月後の計3回接種します。

(4)万一動物等に咬まれた場合の対策

 狂犬病は一旦発症すれば効果的な治療法はなく、ほぼ100%の方が亡くなります。

狂犬病にかかっているおそれのある動物に咬まれてしまった場合、直ちに十分に石けんを使って水洗いをします(傷口を口で吸い出したりしない)。その後、すぐに医療機関で傷口を治療し、ワクチン接種をします。発病前であれば、ワクチンの接種は効果があると考えられていますので、必ず接種してください(破傷風トキソイドを未接種の方は狂犬病ワクチンの接種とともに、破傷風トキソイドの接種も必ず受けてください)。事前に狂犬病の予防接種を受けている場合でも、狂犬病にかかっているおそれのある動物に咬まれた場合は治療を目的としたワクチン追加接種が必要となりますので、必ず医療機関で受診してください。

 また、現地医療機関での受診の有無にかかわらず、帰国時に検疫所(健康相談室)にご相談ください。 

 

○参考情報:

 厚生労働省検疫所(FORTH)「感染症についての情報 狂犬病」

  http://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name47.html

 国立感染症研究所感染症情報センター:狂犬病

  http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_18/k03_18.html

 

(問い合わせ先)

○外務省領事局政策課(医療情報)

   電話:(代表)03-3580-3311(内線)2850

○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)

   電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/

           (携帯版)http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp

 在ハガッニャ日本国総領事館  TEL:(671)646-1290

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 現地特派員!デデド太郎が発信する、マニアックなグアム情報
   『Gから・・・グアム』に!お立ち寄り頂きありがとうございました。 
   dogezas.gif
f_balloon16.gif 44*27
   アイコン画像  にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ アイコン画像  アイコン画像
  今後ともご支援、ご愛読の程、宜しくお願い申し上げます!
    又のお越しをお待ち申し上げます !現地特派員デデド太郎でした。

 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
Hafa Adai  こんにちは!
現地特派員デデド太郎が発信するマニアックなグアム情報です。
HOW DO YOU DO ?

デデド太郎

Author:デデド太郎
現地特派員:出々度太郎 

『Gからはじまるグアム』 

Gから・・・!ブログへようこそ 

福岡県久留米市荒木町出身

20代半ばにアメリカを横断!
コロラド州コロラドスプリングス→カルフォルニア州ロス→ハワイ州ホノルル→グアム島デデド村とジプシー生活中、グアム島を発見、上陸。まさにこれぞマゼラン状態!!!
過去にグアム日本人会理事(文化部長、商工部長)などの経歴を持ち!今年でグアム島、在中20年目になりました。

CALENDAR
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Gからグアム情報
LINK
このブログをリンクに追加する
MAIL RECEVING
ご意見!ご感想などお聞かせください!お待ちしています!

名前:
メール:
件名:
本文:

Guam de Night Tour
デデド太郎もココなら安心!
9655224117450416.jpg 965522411745041622.jpg 9655224117450416.jpg
ナイトツアーのお知らせ!
必読 Amazon
HAFA ADAI COUNT
ハファデェーイ!
ランキング参加中!
WEATHER & TIME
△ ▼ △ ▼ △ Click for Dededo, Guam Forecast
GからTwitter!!
Gからはじまるグアム
グアムでロケなら!
RYGプロダクションは南太平洋の最も近いアメリカ、グアムを拠点に各メディアの皆様へ
ISLA GUÅHAN
グアム島のコーディネートはイスラ・グァハンにお任せください!
Isla Guahan Coordination. 大自然から成り立つグアム島、その知られざる島々を!教育の視線から・・・リゾートの視線から・・・そして・・・ビジネスの角度からサポートいたします。 Isla Guahan Coordination. ↑先ずはこちらからアクセス↑
CONTENT
サイト価格ランキング。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。